隙間時間で簡単に出来るダイエットで改善しよう

ダイエットに最適!疲れも取れる!1食15円「もやし」で簡単&おいしい最強レシピ

2020/06/01
免疫を高めるダイエット 0
 低カロリー、低糖質=最強のダイエット食で「肥満」とサヨナラ
 
 肥満の方にとって、ダイエットは病気を防ぎ、疲れにくい体を作るためにとても大切です。

太ると、体を動かすのに必要なエネルギー量が増えてしまうからです。
 もやしは100gでたったの14kcalと非常に低カロリー
しっかりとかむことで、満腹中枢が刺激され、少量でも満腹感を得られます。

 まさに、ダイエットに最適な食品です。
20200601170428138.jpg
※同重量あたりの比較:緑豆もやし14kcal/100g、糖質1.3g/100g、ごはん168kcal/100g、糖質36.8g/100g

ごはんと比べてもカロリーは1/12、糖質は1/28

副菜として食べるだけでなく、通常の食事のごはんやパンを酢もやしに代えることができれば、さらに高いダイエット効果が期待できます。

 もやしに多く含まれるアスパラギン酸と、お酢の酢酸はさまざまな代謝を経て「クエン酸回路」の働きを促します。

 酢もやしを食べることで、このクエン酸回路が活性化し、糖や脂肪がどんどん消費されてエネルギー代謝が円滑になります。
 つまり太りにくく疲れにくい体を作ることができるというわけです。

さらに、お酢の酢酸には、血中の余分な脂肪や内臓脂肪を減らす効果や唾液の量を増やして消化吸収を助ける働きがあることもわかっています。

 ダイエットのための無理な食事制限はストレスがたまりやすく、かえってリバウンドで太ってしまうこともあります。

そんなときには、少量でカロリーも糖質も低いのに、満腹感が得られるも酢もやしがおすすめです。

 
 制限や限定する「食べない」ダイエットではなく、むしろ酢もやしを「食べる」ダイエット は、ほかのものを食べることもできて、お腹も満足、ストレスフリーの理想的なダイエットです。

 肝臓の働きが活発に!二日酔いにも効果的

 妊娠前~妊娠初期の女性に特に必要な栄養素として、厚生労働省がその摂取を勧めている「葉酸」(ビタミンB9)。

 もやしに多く含まれるこの葉酸は、妊婦だけでなく、お酒をたしなむ人にも不可欠の栄養素です。
20200601172236f2d.jpg

 もやし1袋250gにはいちご5.7個分(114g)の葉酸がふくまれています。
※同重量あたりの葉酸含有量比較:いちご90µg/100g、緑豆もやし41µg/100g

 アルコールは葉酸の吸収率を悪くするので、よくお酒を飲む人は普段から積極的に葉酸をとる必要があります。
 アルコール性肝障害は、葉酸欠乏の原因にもなります。

 逆に葉酸やビタミンB1などのビタミンB群には、肝機能を高めてアルコールの代謝を促す働きがあり、飲酒後も速やかに体からアルコールを排出、二日酔いを予防してくれるのです。

 お酒を飲むと、利尿作用によって水分が体から排出され、脱水状態が起きやすくなります。 すると新陳代謝が悪くなり、肝臓の働きも低下、アルコールをうまく分解できなくなります。

しかし、もやしのように水分の多いものを補給することで、脱水状態を防ぎ、アルコールを体から排出し、二日酔いを防ぎます。

 また、お酢の酢酸は脂肪やたんぱく質をエネルギーに変えることで、飲酒によって酷使した肝臓の負担を軽減してくれます。

 酢もやしはお酒のおつまみにも最適なひと品だといえます。
酢もやしをつまみながら、無理のないペースでお酒を楽しむことで、翌朝も、スッキリと目覚められるでしょう。

「ビタミンC」+「酢」相乗効果で、肌もきれいに
もやしに含まれるビタミンCは、皮膚や血管の老化を防ぐ、すぐれた栄養素です。

 紫外線や喫煙、ストレスなどによって活性酸素が増えると細胞にダメージを与え、しわやたるみの原因に。吹き出物やニキビができて、肌の潤いが失われてしまいます。
 
 ビタミンCをとることで、シミやシワを予防。肌にハリが出て、美肌効果が期待できます。ビタミンCはお酢によって吸収が高まるので、酢ともやしを一緒にとれる酢もやしなら、アンチエイジング効果も一層高まります。

 一方、お酢に含まれるグルコン酸は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

 すると腸の血流がよくなり、ぜん動運動が活発になって、便秘を防いでくれます。

 便秘の状態が続けば、肌荒れが起こりがち。美肌を保つためには、何より老廃物である便を体外へ出す、つまり便秘を解消して、腸内環境を整えることが大切です。

  (ダイエットに最適)ひと手間加えて健康効果UP!


 私は、料理が凄く苦手です。少しでもレパートリー増やしたいです

 

1 基本の酢もやしの作り方


 
材料
もやし……1袋(250g)
酢……30ml
砂糖……大さじ1・1/2
塩……ひとつまみ
※砂糖の量は味の好みや体調によって調整してください。特に生活習慣病の不安がある方は、量を減らしてください。もやし1袋が200gの場合は大さじ1が目安です。
2020060117544827b.jpg

作り方
(1)鍋に水と塩を入れて沸騰させる。
(2)火を止めて、約60~70℃に冷ます。
(3)(2)の鍋にもやしを入れ、1分間置く。
(4)ざるに上げ、水気をきる(もやしは冷水にさらさず、そのまま使おう)。
(5)酢と砂糖を加えて軽く混ぜる。
(6)冷蔵庫で約半日置いたら食べごろ。

※作り置きする場合はタッパーなど密封容器で保存して

2 レンジで簡単☆もやしスープ レシピ・作り方


材料(1人分)
もやし
1/4カップ

180cc
鶏ガラスープの素
小さじ1〜
青葱小口切り
少々
お好みでこしょう、醤油
各少々
お好みで胡麻油

作り方
1耐熱マグカップに水と洗ったもやしを入れます。レンジ対応のラップをし、爪楊枝で穴を数カ所あけます。(10箇所位)

2レンジで(今回は500wです)2.5~3分ほど加熱します。湯げが出ていたら、やけどに気をつけラップを外ます。
3
鶏ガラスープ、ネギ、好みで醤油、こしょう、ごま油を入れて、出来上がり。

これは、簡単で人暮らしではありがたい料理で、栄養が取れるのでやってみます。

もやし ダイエット
もやし 栄養
価 簡単レシピ

豚もやしキムチ
免疫力高めるために
コロナ太り解消



スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
高田 大助
Admin: 高田 大助
コテコテの関西人です。今は、単身で岐阜の可児市に赴任しています。
現在は、資材管理の工場勤務で1日多い時は30000歩以上歩いています。
朝は、必ずサプリメント3錠は飲んでいます。
テレビでダイエットの情報を共有できたら、役立つ情報をブログで投稿します。気軽にコメント下さい
免疫を高めるダイエット