隙間時間で簡単に出来るダイエットで改善しよう

「筋トレ+有酸素運動は、ダイエットに効果的なだけでなく死亡率も低くなる」説

2020/05/29
簡単ダイエット 0
 運動が健康にいいことは、今さら言うまでもありません。しかし、どのような運動をどれくらい行うべきかとなると、さまざまな意見があるのも事実です。。ジョギングやウォーキング、水泳といった「有酸素運動」は、体内に酸素を取り入れ、糖質や脂肪を燃焼させる効果が期待でき、多くの人にとって関心が深いダイエットとして知られています。
 一方で筋トレに代表される「無酸素運動」は、体にメリハリを作ると同時に筋肉量が増えることで基礎代謝が高まるため、痩せやすい体質に変えてくれます。そのため、ダイエットには有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)の両方を行うことが推奨されるのです。トレーニングやダイエットと切っても切り離せない、この「有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)」に関する新たな研究結果が明らかになりました。

 筋トレと有酸素運動を両方行うと、死亡率が低くなるという研究
◆論文(1):メタ解析

 2019年5月19日付けでヨーロッパ予防循環器学ジャーナルに発表された論文によると、筋トレを行う人は行わない人に比べると死亡率が低くなり、筋トレと有酸素運動を組み合わせることによってその効果はさらに高まるとされています。この論文では多数の研究結果を統合して、総合的な分析を行うメタ解析という統計的手法が使用されました。1430もの研究の中から11が解析対象として選ばれ、合計では370万人以上の被験者と8年以上の追跡調査期間に及んだそうです。

 その結果、まったく運動をしていない人と比較すると筋トレを行う人の死亡率は21%低くなり、さらに筋トレと有酸素運動の両方を行う人の死亡率は40%低くなるとされています。
20200529050738d4c.jpg


論文(2):ランダム化比較試験
 さらに調査の対象を狭めた実験研究もご紹介しましょう。イリノイ大学のシュローダー氏らが中心になって、2019年1月に発表した論文です。そこでは、あまり運動歴のない45~74歳の一般男女を4グループに分け、8週間の調査期間をかけて観察が行われました。

・運動を行わないグループ
・有酸素運動のみを行うグループ
・筋トレのみを行うグループ
・有酸素運動と筋トレの両方を行うグループ

 8週間の調査期間で運動を行うグループ(B~D) は、週に3回、60分の運動を行いました(Dは有酸素運動を30分、筋トレを30分と均等に分割)。その結果、たった8週間という短い期間であったにもかかわらず、有酸素運動と筋トレを週3回行ったグループには他のグループに見られないほどの効果「拡張期血圧の改善、体脂肪率の減少、筋力の増強、心肺能力の向上」が報告されたのです。
20200529050749b9b.jpg

私は、仕事で工場勤務しています。結構、ハードです。
一日に平均25000歩以上歩いています。手動のフォークリフトで荷物を運んだり、コンテナを積むことあります。
20200529051441fd7.jpg

自宅で有機酸素運動5個
痩せるためのダイエット24年間同じ体型
WEBダイエット
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
高田 大助
Admin: 高田 大助
コテコテの関西人です。今は、単身で岐阜の可児市に赴任しています。
現在は、資材管理の工場勤務で1日多い時は30000歩以上歩いています。
朝は、必ずサプリメント3錠は飲んでいます。
テレビでダイエットの情報を共有できたら、役立つ情報をブログで投稿します。気軽にコメント下さい
簡単ダイエット